マクドナルドの歴史について調べてみた。

小ネタ

マクドナルドの歴史について調べてみた。

誰もがご存知であるマクドナルドですが、始まりは1948年アメリカでマクドナルド兄弟が始めたレストランとなっています。
現在では、ハンバーガー・ポテトフライ・チキンナゲットなどの定番メニューから幅広いメニューを展開しています。
今回はマクドナルドについて調べていきます。

マクドナルドの歴史


引用元:@DIME
1948年アメリカ・カリフォルニア州でマクドナルド兄弟が始めた店がマクドナルドの原点と言われています。
マクドナルド兄弟は、開業当初は一般的なレストランでした。
しかしお客さんの多くがハンバーガーを頼むことに気づきました。
それがきっかけでマクドナルドの原点が生まれました。
ハンバーガーやシェイクなど、車を運転しながらでも食べられるものを提供していました。
そして流れ作業で作る工場のような様式で、調理を分業化するシステムを構築しました。
待たずに商品を受け取ることが出来るというファーストフードビジネスが誕生しました。
改めて、ハンバーガーショップ、マクドナルド・レストランをオープンさせています。
一番人気の商品ハンバーガーを15セントという価格で提供して、今のマクドナルドの基礎を作りました。
マクドナルド自体の基礎はマクドナルド兄弟が作っています。
しかし今のマクドナルドのフランチャイズの歴史は、ミキサーマシンの販売をしていたレイ・クロックという男が関わっています。
マクドナルドのビジネスを目にして、このシステムをフランチャイズ化することを考えました。
大規模な展開を望んでいなかったマクドナルド兄弟を説得しフランチャイズ権を獲得したのがレイ・クロックです。
そしてレイ・クロックがフランチャイズ展開を始めて7年後の1961年に、マクドナルド兄弟は完全にマクドナルドを手放しています。

ご存知の方も多くいらっしゃいますが、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」は前述したレイ・クロックが主人公のお話となっています。

引用元:thefounder

マクドナルドの日本上陸


引用元:u-note
日本にマクドナルドを上陸させたのは、かの有名な「日本マクドナルド」の創業者・藤田田氏です。
ちなみに「マクドナルド」という名称にしたのは、藤田田氏とされています。
マクドナルドを日本進出させる為に多くの方がレイ・クロックの元を訪れています。
訪れた人の一人にダイエー創業者の中内氏もいます。
その中で選ばれたのが藤田田氏で1971年、東京銀座の三越1階にマクドナルド日本1号店が作られました。
1976年(昭和51年)には日本初のフランチャイズ契約店が沖縄・浦添でスタートしました。
現在では日本マクドナルドは全国で3000店舗弱あります。

マックとマクド

「マック」、「マクド」戦争は以前から多くの方が知っていると思います。
日本では「マック」、「マクド」と呼称が二つに分かれますが、後者は関西が中心です。
基本的にはマック派の方が多いと呼ばれています。
マクドナルド公式でも2017年に調査が行われており「マクド」と呼んでいるのは全国で11都道府県という結果が出ています。


マクドナルド公式twitterより引用

関東民なので、マックですかね。

キムタクの出演

2020年には、まさかのキムタクがCMに出演しました。
マクドナルドで人気メニューとなっている「ダブチ」「ハミダブチ」などを宣伝しています。
特にSNSではキムタク持ち(野球で言えば変化球を今にも投げそうな持ち方)が話題となりました。

副田
本ブログの主人公。 ベンチャー企業に勤務している。 将来のためや自身のスキルアップのために副業を行なっている。 本サイト以外にも下記サイトも運営している。 https://sidelabo.com/
Back To Top